MIDI・レジスト・電子楽譜をダウンロード!

楽器・機器の選択とは

MIDIデータ・レジストデータをご利用になる楽器・機器を選ぶと、選択した楽器・機器に対応したデータが表示されます。

※楽器・機器が未選択の場合、すべてのデータが表示されます。
※MIDIを利用できる楽器をお持ちでない方は、PC上で再生できる「ミッドラジオプレーヤ」を選んでください。

楽器選択を解除

  • 全てのモデルから選ぶ
  • 履歴から選ぶ
  • モデル名を直接指定して選ぶ

楽器のカテゴリ

楽器の種類

楽器のモデル

楽器を選択する

「楽器選択履歴より選ぶ」を利用するためには、
ヤマハ オンラインメンバー コンテンツサービスへの登録が必要です。

楽器のモデル名を直接入力してください。
※モデル名は、製品表面に記載されています。
※ハイフン( ー )がついているモデル名は、ハイフンをつけて入力してください。
例:CVP-609、P-255 など

楽器のモデル

  • CLP-535 CLP-535 製品ユーザ登録済
  • CLP-535 CLP-535
  • CLP-535 CLP-535
  • CLP-535 CLP-535

楽器を選択する

閉じる

曲名の「最初の文字」をクリックしてください。

閉じる

アーティストの「最初の文字」をクリックしてください。

閉じる
閉じる
閉じる
おすすめの曲
おすすめのアーティスト
  • 最近追加したお気に入りの曲
  • 最近追加したお気に入りアーティスト

会員向けサービスのためログインをしてご利用ください。

会員向けサービスのためログインをしてご利用ください。

閉じる
 
  • HOME
  • 「弾き放題」を試してみよう!

QRコード

PCをご利用の方へ
iOSデバイスでのアクセスが便利です!

「弾き放題」を試してみよう!
「弾き放題」を試してみよう!
7アプリで有料サービスを使ってみよう!

アプリで有料サービスを使ってみましょう!

アプリでログイン!

まずはログインしましょう!

「ユーザー」の「ログイン」をタップしてください。

ログイン画面が表示されますので、ヤマハ オンラインメンバー コンテンツサービスに登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

ログインが完了したら、「ユーザー」にメールアドレスが表示されます。

データショップで「弾き放題リスト」に追加したデータが、アプリに登録されているか確認をしてみましょう。

「弾き放題」をタップして、データショップで「弾き放題リスト」に追加したデータが、アプリに登録されているか確認をしてみましょう。

新しくデータを追加したら更新しよう!

データを追加したら、アプリのリストを更新しましょう!

データショップサイトで「弾き放題リスト」に新たにデータを追加したら、アプリの「Home」画面の「ユーザー」をタップするか、「ソング」画面を下にスワイプして更新してください。

これで演奏の準備は完了です。
追加したデータをタップしてお楽しみください。

8気をつけよう!

アプリをご利用いただく際には、ご注意ください!

雲のマークって何?

データの右側に雲の絵のマークがついているデータは、アプリにまだレジストや楽譜のデータのダウンロードがされていません。
曲名をタップして、データをアプリにダウンロードしましょう。

月刊エレクトーンのデータはレジストのみ

月刊エレクトーンのデータは、「弾き放題」でもレジストデータのみご利用いただけます。
月刊エレクトーンの楽譜は、ご購入の上お楽しみください。

データの保存や楽譜の印刷は?

エレクトーン「弾き放題」サービスでは、データをUSBフラッシュメモリーに保存したり、楽譜の印刷や保存はできません。

ゴミ箱は表示したくないデータの置き場所

アプリのソングリストから、使用しないデータを「ゴミ箱」に入れるには、画面右上の「編集」メニューで行います。

「編集」をタップすると、曲名の左にチェックボタンが表示されます。
「ゴミ箱」に入れたいデータをタップして選択してください。
※複数のデータの選択が可能です。

チェックマークが付いているかを確認して、右下の「ゴミ箱」のアイコンをタップしてください。

警告画面を確認して「OK」をタップすると、「ソング」のリストから削除されます。

右上の「完了」ボタンをタップすれば「ソング」メニューに移動します。

アプリではゴミ箱を空にできないの?

「ゴミ箱」にデータを移動しても、完全にアプリから消去される訳ではありません!

「ソング」画面で、右下の「ゴミ箱」のアイコンをタップして、「ゴミ箱」の中身を見てみましょう。

先ほどリストから削除したデータが、「ゴミ箱」の中に表示されていますね。

アプリの「ゴミ箱」の機能には、アプリからデータを「削除する」機能はありませんが、「ゴミ箱」から「リスト」にデータを戻すことができます。

「ゴミ箱」の画面で「編集」をタップして、「ゴミ箱」の編集画面を表示してください。

データを「ゴミ箱」から元に戻たい場合には、データをタップしてチェックマークを付けてから、右下の「元に戻す」をタップしてください。

「ゴミ箱」の中身が空になります。

「完了」をタップして、「ゴミ箱」の「編集」を終了します。

画面下の「ソング」をタップして、「ソング」のリストを見てましょう。

「ゴミ箱」から「ソング」に、データが戻っています。

間違ってデータをソングから削除したり、一度削除してしまったデータを元に戻して使いたい場合にも安心ですね!

 「ゴミ箱」に入れたデータをアプリから削除したい時には、
データショップの「弾き放題リスト」から削除して、アプリを更新してください。
アプリ内のデータも、データショップの「弾き放題リスト」で管理できるということですね。

9こんな時には?

インターネットに接続ができない場所でも「弾き放題」を利用して演奏したい!
そんな時にも、iPhone/iPadと無線LANアダプターとエレクトーンさえあれば、簡単にご利用いただけます。

インターネットに接続ができない場所で使いたい

まずはエレクトーンの[USB TO DEVICE]端子に無線LANアダプターを挿入します。

※対応している機器の一覧は、こちらから確認できます。

以前にELS-01シリーズやDDK-7、ELB-01で使用していた無線LANアダプターでも、バージョンアップ後に使用できなくなっている場合があります。USBデバイス動作確認済みリストで必ず確認してください。

エレクトーンのUTILITYボタンを押して、無線LANページを表示しましょう。
※ELB-02では「ユーティリティー」ボタン

ここで「モード変更」ボタンを押してください。

モードを「アドホックモード」へ切り替えます。
「OK」ボタンを押してください。

これでエレクトーンの準備ができました。

次にiPhone/iPadの設定をしましょう。

「設定」タップしてください。

「Wi-Fi」をタップして、「デバイス」に表示されているエレクトーンの機種名をタップし、登録を行ってください。

これで準備は完了です。

アプリを起動して楽器の接続ができているか確認しましょう。

これでインターネットに接続ができない場所でも、あらかじめアプリにデータをダウンロードしておけば、
エレクトーン「弾き放題」サービスがお楽しみいただけます。